KDDIのキッズコーナー

 KDDIの「JUNIOR net」(http://www.kddi.com/junior/index.html)は、身近なコミュニケーションツールであるインターネットや携帯電話について、子どもたちが安全な利用方法やルール、マナーを楽しく学べるサイトだ。
 通信の教科書の「通信の歴史」では、人類最初の通信方法である猿人時代の“身振り手振り”に始まり、モールス電信機による電気通信までの歴史を、時代背景を踏まえながら順に紹介。また、「通信のしくみ」では携帯電話がどうやって声を伝えるのか、インターネットはどのようなものなのかなど通信の基本的な仕組みを解説している。
 ルールとマナーでは、インターネットや携帯電話のルール、マナーをクイズ形式で紹介している。「インターネット編」では“思いやりの心を忘れない”、“ヒミツにすることも忘れない”、「ケータイ編」では、“電源オフにしなければいけない場所”、“ながらケータイはダメ”といったルールとマナーを守ったカッコイイ使い方を学んでいく。また、携帯電話を安全に利用できるか、あるいはトラブルに巻き込まれやすいかを判断できる「ケータイ利用タイプ別診断」もあり、自分自身の性格を知ることで正しい利用方法が分かるようになっている。
 シミュレーションでは、インターネットや携帯電話で情報を受発信する際に起こり得る様々なトラブルを疑似体験できる。例えば、クリックしただけで一方的に会員登録されて高額な料金を請求される「ワンクリック詐欺」や、知らない人からのメールに添付されたファイルを開いてパソコンがウイルス感染するなど、現実に増加しているトラブルや犯罪について学ぶことで、安全・安心に利用するために必要な知識を身に付けることができる。
『経済広報』(2012年9月号)
pagetop