日本鉄鋼連盟のキッズコーナー

 日本鉄鋼連盟の「未来へ羽ばたく知を育むみんなの鉄学」(http://www.jisf.or.jp/kids/index.html)は、鉄がどのようにつくられ、暮らしの中でどのように活用されているかを分かりやすく伝えるとともに、限りある資源と地球環境を守りながら鉄をつくる取り組みを紹介している。
 サイトは鉄のもりと鉄のまちの2つのコーナーで構成されている。
 鉄のもりは、読む、見る、調べる、探す、作る、など、鉄の基礎知識を学ぶコンテンツだ。「見て学ぶ」では、鉄の歴史や、鉄ができる過程などを映像で分かりやすく解説する。「調べて学ぶ」では、高炉、連続鋳造設備、厚板圧延機で行われる鉄づくりの各工程の内容を調べることができ、原料輸入から出荷までの一連の流れが把握できる。「作って学ぶ」では、製鉄所のジオラマや鉄鉱石を運ぶ大型船のペーパークラフトなど、工作をしながら鉄づくりや関連設備について学ぶ。また、「エコを学ぶ」では、世界ナンバーワンの省エネ技術やリサイクルなど、鉄鋼業界の積極的なエコへの取り組みを紹介している。
 鉄のまちでは、行く、体験する、実験する、遊ぶなど、鉄を体験的に学ぶことができる。製鉄所のバーチャルツアー体験のほか、鉄を使った不思議な手品や実験に挑戦する「手品の館&鉄の不思議教室」、鉄のつくり方や製鉄の成り立ち、鉄にまつわる環境問題などを一問一答形式で学習する「クイズの森」、“高炉操業ゲーム”や“鉄鋼製品積み込みゲーム”といった、鉄をモチーフにしたゲームで遊べる「ゲーム広場」など、楽しみながら鉄に親しむことができるコンテンツが盛りだくさんだ。
 サイトでの学習を通じて、これまで無意識に接していた身の周りの鉄を、より身近に感じられるのではないだろうか。
『経済広報』(2012年10月号)
pagetop