丸紅のキッズコーナー

 丸紅の「丸紅キッズプロジェクト 社会科の授業」(http://www.marubeni.co.jp/kids/)は、暮らしを支える社会の活動について、「食料」「工業」「情報」「環境」の4つをテーマに、イラストと写真を用いた授業形式で学んでいく。
 まず1時間目の生活と食料では、牛肉や小麦といった身近な食材の輸入先や、世界に比べて低い日本の食料自給率の状況、穀物や水産物、肉などの食料を安定輸入するための丸紅の取り組みなどを紹介している。
 2時間目の生活と工業では、衣料品の90%以上が輸入されるなど、製品輸入が増加していることや、輸出では従来の素材中心から自動車や機械といった、高い技術を生かした製品の輸出に変化してきていることなど、工業製品の輸出入の現状が学べる。
 3時間目の生活と情報では、テレビや新聞、インターネットをはじめ、鉄道のICカードやカーナビゲーションなど、暮らしに役立っている様々な情報ツールを紹介。情報の氾濫によって、本当に必要な情報を見極める必要性が出てきている点など、ITの発達によって生じる問題も説明している。
 4時間目の生活と環境では、1980年から2005年までの間に世界で約3.7億ヘクタールもの森林が失われた実態や、森林の減少によって引き起こされる二酸化炭素の増加、地球温暖化の影響による「海面の上昇」や「干ばつ」などの深刻な環境問題を解説する。
 このほか、自由研究 生活と総合商社では、「飛行機」「医療機器」「衣料品」などの暮らしのシーンと丸紅の関わりや、「アブダビでの世界最大規模発電・造水プロジェクト」など、同社が世界で取り組む大型プロジェクトを知ることができる。
 世界地図と国旗を正しく組み合わせる国旗クイズでは、正解するとその国と日本との貿易関係が表示される仕掛けになっている。社会の現状や総合商社の役割が幅広く理解できるサイトだ。

『経済広報』(2013年5月号)
pagetop