東燃ゼネラル児童文化賞・音楽賞

 エッソ・モービル・ゼネラルの給油所ブランドを国内で展開する東燃ゼネラルグループは、9月30日、2015年度「東燃ゼネラル児童文化賞・音楽賞」の贈賞式を開催した。同社は、毎年、日本の児童文化、音楽文化の発展・向上に大きく貢献した個人または団体に賞を贈っている。児童文化賞は、童画家、教育者、ミュージカル主宰者など、様々な分野で児童文化に貢献した人を選出。音楽賞は、邦楽部門、洋楽部門の2部門から成る。邦楽部門ではこれまでに、21名の受賞者が受賞後に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されている。今年は児童文化賞が創設50周年、音楽賞が45周年と記念の年を迎えた。第50回児童文化賞に絵本作家の五味太郎氏、第45回音楽賞邦楽部門に箏演奏家の沢井一恵氏、洋楽部門本賞にヴァイオリン奏者、指揮者の寺神戸亮氏、洋楽部門奨励賞にヴィオラ奏者の川本嘉子氏が選ばれた。
 東燃ゼネラルグループは、「これからも、この賞の持つ『一時の流行に惑わされることのない選考を通して、わが国の児童文化、音楽文化の発展、向上に尽くしてこられ、今後それぞれの分野の将来を担われる方々をたたえ励ましたい』という意義を大切にし、この賞を通じて人々が感動し笑顔になれ、子どもたちの明るい未来に繋がるような社会・文化貢献を進めていきたい」としている。また、受賞記念公演を11月16日に東京都千代田区の紀尾井ホールで開催する。

『経済広報』(2015年11月号)
pagetop