三菱電機のキッズコーナー

 三菱電機の「エコのわくせい」(http://www.mitsubishielectric.co.jp/me/eco_changes/kids/)は、低炭素タウン、じゅんかん半島、大自然山脈の3つのコーナーから成る。ティ・タンソ博士などのキャラクターと一緒に、同社の事業と関わりの深い、低炭素社会や、資源循環、自然に関する様々な「なぜ?」について、クイズやゲームを通して学習していく。
 低炭素タウンでは、省エネの取り組みやCO2(二酸化炭素)排出量削減の方法などについて紹介。「消費電力量の多い家電はナニ?」では、“テレビ=ひつようないときは電源を切る”など、家電と節電行動を正しく組み合わせるとポイントがもらえるゲームが設定されており、身の回りでできる節電を知ることができる。
 じゅんかん半島では、水資源について、浄化の仕組みや汚染の原因などを説明。「水道水はどこからくるの?」では、雨、ダム、浄水場、下水処理場、水蒸気の5枚のカードを、家とその周辺を描いたイラストの正しい場所に当てはめて、水の循環を学ぶことができる。また、家電製品のリサイクルの取り組みや、“3R”といったキーワードを解説している。
 大自然山脈では、地球温暖化による影響や温室効果ガスについて学ぶ。
 各コーナーで学習した内容は、復習ページで一覧できる。関連情報へのリンクもあり、個別テーマをより深く調べられるよう工夫されている。
 すべてのクイズとゲームをクリアすると、エコチェンジ時計がプレゼントされる。環境問題について楽しく学べるサイトだ。 

『経済広報』(2012年6月号)
pagetop