コニカミノルタのキッズコーナー

 コニカミノルタの「絶滅危惧動物図鑑 みんなで守ろうぼくらのなかま」(http://www.konicaminolta.jp/kids/animals/index.html)は、子どもたちが興味を持つ、絶滅しそうな動物たちを取り上げることで、より身近な問題として環境を考える機会を提供している。
 初めに、絶滅危惧動物を研究する“コニカミノルタ教授”が、絶滅危惧種の意味や、その数といった基本的な知識を説明。ほ乳類では5種に1種、両生類では3種に1種が絶滅のピンチであることなど、具体的な数字を示して現状を伝えている。
 調べてみよう!絶滅しそうな動物たちでは、ジャイアントパンダやガラパゴスペンギンなどの絶滅危惧動物を図鑑にまとめ、各動物の情報を詳しく紹介。「陸の動物一覧」「飛ぶ動物一覧」「泳ぐ動物一覧」という生息場所別や、「すむ場所をなくした・こわされた動物たち」「人間につかまった動物たち」など、絶滅に至る理由別に調べることができる。
 地球温暖化や森林破壊、人間が捨てた外来種や密猟など、動物が絶滅の危機にさらされている原因について、漫画で学べるコーナーもある。ここでは漫画のキャラクターの博士が重要なポイントを分かりやすく解説している。
 そして、ぼくたちみんなでできることでは、「必要のない電気製品はすかさず電源オフ」「捨てる前に、再利用できないか考えよう」など、絶滅危惧動物を救うために一人ひとりができる取り組みを具体的に提案している。全国の小学校での自然保護活動の事例も紹介している。
 “動物を守る”というテーマを通じて、仲間と一緒に環境意識を高めることができるサイトだ。 
『経済広報』(2012年7月号)
pagetop