味の素のキッズコーナー

 味の素の「楽しく学ぼう!アミノ酸『アミノキッズ』」(http://www.ajinomoto.com/jp/features/amino/aminosan/kids/index.html)は、人間の体に不可欠な栄養成分であるアミノ酸について、イラストを用いて分かりやすく解説している。
 アミノ酸 はじめの一歩では、アミノ酸は1806年に2人のフランスの科学者によって、アスパラガスから発見されたという歴史や、アミノ酸の基礎知識を紹介。人間の体を構成する成分の約20%を占めるたんぱく質は、何種類ものアミノ酸が鎖状に繋がってできていることを学ぶ。このほか、髪の毛や皮膚、心臓や胃などの内臓も主にアミノ酸でできていることや、人間の体をつくるアミノ酸はわずか20種類しかなく、この20種類のアミノ酸が結合の順番や個数を変えることで、数十万種類ものたんぱく質を形作っていることなどを知ることができる。
 また、20種類のアミノ酸のうち、リジンやメチオニンなど体内で合成できない9種類の必須アミノ酸は食べ物から摂取する必要があることや、アミノ酸が小腸から体内に吸収される仕組みなども説明。
 さらに、サトウキビなどの天然素材を原料とし、微生物を利用した発酵法によってアミノ酸を製造する工程も図解している。
 われらアミノ酸実験隊では、チキンコンソメスープづくりを通じて、味(おいしさ)とアミノ酸の関係を調べる実験を紹介。スープを煮込むにつれて、おいしさが増すと同時に、様々な種類のアミノ酸の濃度が増えていく様子を、写真などで確認することができる。
 学習した内容をクイズ形式で復習できるクイズ De アミノなどのコンテンツもあり、人間にとってなくてはならないアミノ酸について、楽しく理解を深められるサイトだ。

『経済広報』(2013年4月号)
pagetop