京王電鉄が沿線の小学生向けに体験プログラム

 京王電鉄は、子どもたちの成長を促す機会を創出し、沿線コミュニティーの活性化を目的として、沿線周辺に住む小学生向けに夏休み期間中、様々な体験プログラムを開催している。
 小学生とその保護者を対象として、京王グループ各社の実際の仕事を楽しく学べる体験プログラム「京王キッズおしごと隊 ~ぼくの、わたしのお仕事体験~」を2009年から実施しており、2014年は、新たに5つのプログラムを加えた全24プログラムに合計303組が参加した。
 また1970年から、小学3~6年生を対象とした、髙尾山薬王院での「髙尾山峰中修行体験合宿」を開催してきた。参加者は、豊かな自然に囲まれた高尾山で、座禅、法話、写経、滝行など、「普段なかなか体験できない髙尾山薬王院の修行」を体験するほか、ハイキングコースで自然観察教室などのレクリエーション活動を行う。毎年好評で、2014年は約120名の小学生が参加した。
 今後これらを含め、新たな取り組みとして、京王沿線の大学・団体などとの連携により、幅広い年齢層に向けて、「文化」「教育」「子育て」に関する「学び」の機会を提案する「京王アカデミープログラム」を今年からスタートさせる。これからも「住んでもらえる、選んでもらえる沿線」づくりを実現するため、沿線の活性化に寄与していきたい。

『経済広報』(2015年4月号)
pagetop