ダイハツ工業のキッズコーナー

ダイハツ工業
 ダイハツの「ドクターDの知ってナットク・スモールカー教室」(http://www.daihatsu.co.jp/kids/index.htm)は、スモールカーを製造するダイハツと、そのクルマづくりについて、クルマ博士「ドクターD」が授業を通じて教えてくれる。
 1時間目のなるほど!ダイハツでは、ダイハツの歴史や社名の由来(“大”阪にある“発”動機製造株式会社=ダイハツ)、現在スモールカーを中心に20車種を超えるクルマを製造していることなど、1907(明治40)年の創立時からスモールカーにこだわってきた同社の会社概要を紹介している。
 2時間目のなるほど!スモールでは、スモールカー(エンジン排気量1300cc以下)や軽自動車(同660cc以下)の定義のほか、使いやすい、運転しやすいなど利便性の高さや、省資源、低燃費、道路への負担が少ないといった環境への優しさなど、スモールカーならではの特長について解説している。
 3時間目のなるほど!クルマづくりでは、工場における環境保護や、安全で働きやすい製造現場の環境整備といった取り組みを紹介。さらに、開発から部品生産、組み立て、販売・輸出までの流れを動画で分かりやすく説明しており、クルマができるまでの実際の様子を知ることができる。
 4時間目のもっと!ダイハツは、自習時間としてQ&Aコーナーが設けられており、クルマの生産台数や使用される材料、部品のリサイクル、エアバッグの仕組みなど幅広いテーマについてダイハツのクルマづくりを理解できる。
 最後にはおさらいクイズが用意されており、これまでの授業で学んだ内容をクイズ形式で復習することができる。ダイハツのスモールカーへのこだわりと魅力が詰まったサイトだ。 

『経済広報』(2013年3月号)
pagetop