中国有力大学における講演会

日中両国の相互理解を促進するため、政策形成に影響力を持つ中国の有力大学教授や中国の将来を担う大学生を対象に、中国各地の有力大学において日本の企業経営者による講演会を1994年から毎年開催しています。テーマは日本経済や日本企業の経営戦略、技術開発、環境エネルギー対策、CSR(企業の社会的責任)などです。

【最近の実績】

2014年度 中山大学(広州)

「日産のグローバル戦略における中国事業の位置づけ」
日産自動車 代表取締役副会長 志賀 俊之


2012年度 厦門大学(厦門)
「経済の成長とグローバル化を支える海運」

経済広報センター副会長(日本郵船会長) 宮原 耕治

 

2011年度 上海交通大学(上海)

「グローバル社会で勝つ経営」
経済広報センター副会長(コマツ取締役会長) 坂根 正弘

 

2010年度 復旦大学(上海)

「国際企業に求められる企業の社会的責任」
経済広報センター顧問(オムロン相談役) 立石 信雄

 

2009年度 浙江大学(杭州)

「国際企業に求められる社会的責任」
経済広報センター顧問(オムロン相談役) 立石 信雄

 


お問い合わせ先
経済広報センター 国際広報部
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館19階 
TEL:03-6741-0031 FAX:03-6741-0032
pagetop