『経済広報』(2012年7月号)掲載
企業・団体のCSR活動
ヨークベニマルが支援する「PEP Kids Koriyama」
(株)ヨークベニマル
オープンから約3カ月で入館者10万人達成(写真提供:郡山市)
オープンから約3カ月で入館者10万人達成(写真提供:郡山市)
■お問い合わせ先
人事総務室
TEL:024-924-3111
 福島県郡山市では、昨年3月の福島第一原子力発電所の事故発生後、子どもたちが屋外での遊びや運動が十分にできない状態に置かれた。このことは、運動不足に伴う体力の低下や、子どものストレスに対応するための保護者のストレス増大、といった様々な弊害をもたらすと考えられた。子ども同士や大人同士のコミュニケーションの減少なども危惧され、郡山市と郡山医師会が連携して立ち上げた「郡山市震災後子どもの心のケアプロジェクト」を中心に、安心して自由に遊べる場所の開設が検討されていた。
 郡山を発祥の地とするヨークベニマル(セブン&アイ・ホールディングスのグループ会社)は、プロジェクトメンバーの熱い思いと「地域で子どもたちを守る」というコンセプトに共鳴し、遊び場の開設を全面支援。同市横塚一丁目に所有し、倉庫として利用していた土地・建物・設備を除染・改修し、さらに遊器具を寄附の上、同市に無償貸与。着手からわずか約3カ月後の昨年12月23日に、郡山市が運営管理する屋内遊戯施設「PEP Kids Koriyama」(ペップキッズこおりやま)としてオープン、子どもたちへの素敵なクリスマスプレゼントとなった。
 広い室内には、三輪車のサーキットコースやボールプール、ランニングコースをはじめ、70平方メートルの国内最大規模の砂場も設置。小学生、未就学の子どもとその保護者が無料で利用でき、連日多くの親子で賑わっている。また、子どもが料理をしながら楽しく学べる「ペップキッチン」も併設されている。6月10日現在、入館者は18万人に達した。
 ヨークベニマルはこれからも、郡山市、そして福島県の将来に向け、さらなる地域貢献に取り組んでいく。 
(写真提供:郡山市)
(写真提供:郡山市)
国内最大規模の砂場も大賑わい(写真提供:郡山市) 国内最大規模の砂場も大賑わい(写真提供:郡山市)

(国内広報部主任研究員 小寺隆夫)
pagetop