HOME > エネルギー政策について ー 当面のエネルギー政策 > 原子力発電停止の影響-火力代替によるコスト増およびCO2排出増-

原子力発電停止の影響-火力代替によるコスト増およびCO2排出増-

火力代替によるコスト増

(1)
原子力による発電分を火力発電で補う場合、燃料費によるコストの増加は、年間1.3兆円(2016年度)と見込まれる(2016年10月「電力需給検証報告書」、図1)。1.3兆円は、震災前の日本全体の電力料金(約15兆円)の約9%に該当。
(2)
また、火力発電の焚き増しに伴うCO2排出量の増加は1.3億トン(2015年度)と試算される(図2)。

図1


図2

焚き増し分(億kWh) 排出係数(kgCO2/kWh) CO2排出量(億tCO2)
石炭 153 0.82 0.13
石油 584 0.66 0.39
LNG 1,925 0.40 0.77
合計 2,662 - 1.3

出所:資源エネルギー庁資料より作成