HOME > エネルギー政策について ー 電力料金の値上げに関する経済界の声 > 経団連「電力コストに関する緊急アンケート結果」

経団連「電力コストに関する緊急アンケート結果」

1.震災以降の電力料金値上げが事業活動に与えた影響

(1)
製造業の
28.1%が生産を減少又は大きく減少させたと回答。
22.8%が国内設備投資を減少又は大きく減少させたと回答。
8.8%が海外設備投資を増加又は大きく増加させたと回答。
86.0%が収益を減少又は大きく減少させたと回答。
14.0%が雇用を減少又は大きく減少させたと回答。
73.7%が省エネ対策に伴う負担を増加又は大きく増加させたと回答。
(2)
非製造業の48.6%が収益を減少又は大きく減少させ、48.6%が省エネ対策に伴う負担を増加又は大きく増加させたと回答。


2.電力料金をめぐる現在の状況が続いた場合に当面の事業活動に生じる影響

(1)
製造業の
47.4%が生産を減少又は大きく減少させると回答。
38.6%が国内設備投資を減少又は大きく減少させると回答。
24.6%が海外設備投資を増加又は大きく増加させると回答。
89.5%が収益を減少又は大きく減少させると回答。
31.6%が雇用を減少又は大きく減少させると回答。
80.7%が省エネ対策に伴う負担を増加又は大きく増加させると回答。
(2)
非製造業の65.7%が収益を減少又は大きく減少させ、20.6%が雇用を減少させ、51.4%が省エネ対策に伴う負担を増加又は大きく増加させると回答。