経団連環境自主行動計画(温暖化対策編)

具体的実績

自主行動計画のカバー率:産業・エネルギー転換部門34業種のCO2排出量の83%、日本全体のCO2排出総量の44%をカバー(京都議定書の基準年度)。
自主行動計画を通じたCO2排出量の着実な削減:自主行動計画に参加する産業・エネルギー転換部門34業種のCO2排出量は、2008年度~2012年度の5年間平均で4億4,447万t-CO2と、1990年度の5億551万t-CO2に比べて12.1%減を記録した。



要因分析

原単位の改善努力が、排出量削減の原動力

産業・エネルギー転換部門34業種 2008-2012年度平均実績(1990年度比)
生産活動量の変化 +2.0%
CO2排出係数の変化 +0.0%
生産活動量あたり排出量の変化 -14.0%
CO2排出量合計の変化 -12.1%

注:小数点以下第二位の四捨五入の関係上、各項目の合算値と、合計値は異なる場合がある。