企業広報賞

第24回(2008年度)

1.企業広報賞受賞理由

(*敬称略、賞ごとに氏名五十音順)

企業広報大賞

株式会社 東芝
社内コミュニケーションを積極的に行い、経営方針や会社施策の共有化を図った。また、事業の再編や他社との提携など重要な案件については、経営トップを中心にマスコミへの対応を行ったほか、ステークホルダーに対する事業活動理解の促進に尽力し、その広報手腕が評価された。

企業広報経営者賞

【片山 幹雄(かたやま みきお)(シャープ株式会社 代表取締役社長兼COO)】
同業他社との業務・資本提携、合弁会社設立などについて、自ら進んで社内外に説明を行い、ステークホルダーの理解を得るように努めた。また、主要メディアの取材を通じ、人柄を含めて存在感を印象づけた。
【西松 遙(にしまつ はるか)(株式会社日本航空 代表取締役社長)】
広く様々な取材を受け、企業イメージの向上に貢献した。率先垂範して社内外との直接コミュニケーションを実践し、さらには社内の一体感醸成に尽力した。

企業広報功労・奨励賞

【井上 喜久栄(いのうえ きくえ)(株式会社スタッフサービス オフィス事業本部コーディネート部キャリアアドバイスセンターマネージャー)】
1979年にダイエーに入社以来、一貫して広報業務に携わり、広報の草創期に社内外、特にマスコミ関係者の信頼を獲得した。スタッフサービスに転じた後も、同社および業界広報や後進の育成に貢献した。
【鴇田 穂積(ときた ほずみ)(株式会社コスモ総合研究所経済調査部CSR・環境グループ グループ長 前コスモ石油株式会社 広報室長)】
1994年に広報部に着任して以来、広報の役割はステークホルダーに対し企業の実像を正しく伝えることという信念に基づき、マスコミ対応や業界初の自社ホームページ開設に尽力した。また、環境経営や社会貢献に関する情報発信を積極的に展開し、ブランド価値の向上に努めた。
pagetop

2.選考委員

選考委員所感
(敬称略・社名、役職名は選考委員会時)
委員長
東京理科大学 総合科学技術経営研究科教授 伊丹 敬之
委員
毎日新聞社 『週刊エコノミスト』編集長 内野 雅一
(株)ワーク・ライフバランス 代表取締役社長 小室 淑恵
朝日新聞東京本社 産業・金融エディター 杉浦 信之
立教大学 経営学部准教授 経済学博士 高岡 美佳
読売新聞東京本社 経済部長 増田 雅己
日本経済新聞社 編集局次長兼経済部長 宮本 明彦
東洋経済新報社 証券部長兼国際業務室長 山崎 豪敏
(氏名五十音順)
<お問い合わせ先>
経済広報センター 国内広報部
〒100-0004 東京都千代田区大手町1−3−2 経団連会館19階
TEL 03−6741−0021
FAX 03−6741−0022
pagetop