プラザBLOG 経済広報センターのスタッフが、センターの活動や会合、日々の広報のトピックスをお伝えします!

やっぱり違うグローバル広報

 2月9日、2015年度の東京会場第6回目の企業広報講座を開催しました。講師はエデルマン・ジャパンのロス・ローブリー社長、テーマは「グローバル広報 国内広報と何が違う?」です。「何が違うかな~」と思って聴講し始めますと、やっぱり色々なことがありました。
 まず、日本の社会は文脈に多くのことを含ませる「高コンテクスト社会」で、そうでない社会の国・地域では違うコミュニケーションが必要という指摘がありました。メディア・リレーションも、ある国は広すぎて会見をやっても簡単に記者を呼べなかったり、ある国ではカメラマンが来ないで記者がスマホで撮るのが普通だったり、ある国では本題に入る前に迎賓の挨拶をすべきだったりとか、現地の事情を反映することが必須なようです。
 グローバル広報体制をどう作るか、そこから悩んでしまいますが、「One-size-fits-allのスーツはなく、各社ごとのテーラーメイドで」というお言葉がありました。できるところから始めていこうと思います。

 

pagetop