プラザBLOG 経済広報センターのスタッフが、センターの活動や会合、日々の広報のトピックスをお伝えします!

『LINE』は無視することが不可能な広告

    4月20日、LINEの田端信太郎上級執行役員をお迎えし、『LINEの現状と企業広報・PR活動におけるLINEの活用について』と題して、企業広報講演会を開催しました。

 企業が発信する広告は、ほとんどが無視されて当たり前の今の時代にも、LINEスタンプは、広告とコミュニケーションが一体となることで、無視されず企業と消費者が接点を得ることができているそうです。「LINEスタンプを無視することは、友達を無視することになる」という田端氏の言葉が印象的でした。また、ラグジュアリーブランドのファッションショーや、野球中継の配信など、様々な企業におけるLINEを活用した広報・PR活動の実例もご紹介いただき、具体的活用イメージや有効なヒントを得ることができました。

  LINEは、今や国内の利用者数が約6000万人と、日本人口の半数近くにも上り、幅広い年齢層に利用されているそうで、親しい間柄でのコミュニケーションとしてだけでなく、『企業と消費者をつなぐ情報インフラ』としても定着してきているのだと、改めて感じました。

   今回の企業広報講演会の内容は、6月1日発行の『経済広報』6月号に掲載しますので、皆様是非ご覧ください!

pagetop