シンポジウム

開催実績


海外広報セミナー

外国メディアに対する広報活動に関する説明会
日時 2016年10月21日(金) 14:00~15:00 場所 経団連会館
対象 広報担当者(会員企業・団体限定)

講 師:柳 友彦 日本外国特派員協会 総支配人
テーマ:「外国メディアジャーナリストに対する効果的な広報活動
     ~プレスリリース作成、会見・懇談会運営上の注意事項~」

経済活動のグローバル化に伴い、わが国企業にとり、外国メディアとの関係強化は、ますます重要な課題となっている。そこで、当センターでは、日本外国特派員協会(FCCJ)の柳友彦総支配人を招き、外国メディアに対して効果的な広報活動を行うためのポイントにつき、日本外国特派員協会の柳友彦総支配人にご講演いただいた。
柳氏は、外国メディアに対しては情報発信の目的と狙いを明確にし、ストーリー性を持って情報を提供すべきである、記者の特性や興味を事前に把握するなど、記者を顧客と捉えたマーケティング的なアプローチも必要である、と述べた。出席者は約80名。

お問い合わせ先:国際広報部 TEL:03-6741-0031 FAX:03-6741-0032
お問い合わせフォーム 
フィナンシャル・タイムズ東京支局長との懇談会
日時 2015年10月26日(月) 15:00~16:30 場所 経団連会館
対象 会員企業・団体

テーマ:「フィナンシャル・タイムズの編集方針と日本への関心」
講 師:ロビン・ハーディング フィナンシャル・タイムズ紙 東京支局長

フィナンシャル・タイムズ紙(「FT」)のロビン・ハーディング東京支局長を招き、同紙の編集方針や日本への関心などについて聞いた。同氏は、FTオンライン版の閲覧数データを元に、FTの読者が注目する記事には、何らかの形で、自国や自らの生活に役立ったり深く関連するなど、新たな「発見」が含まれているとした。加えて、事実に加え情報の意味を伝える「FTスタイル」を説明した。参加者は約80名。

お問い合わせ先:国際広報部 TEL:03-6741-0031 FAX:03-6741-0032
お問い合わせフォーム 
英フィナンシャル・タイムズ紙 編集長 講演会
日時 2015年 3月26日(木) 10:30~12:00 場所 経団連会館
対象 会員企業・団体
テーマ:「The Financial Times in a Digital World」
講 師:ライオネル・バーバー フィナンシャル・タイムズ紙 編集長

ライオネル・バーバー編集長は、同紙のデジタル戦略について、①活字とオンラインの体制一本化、②タブレットなど読者のアクセス習慣の変遷に応じた閲覧・購読の仕組みの改善、③読者アクセスに関する精緻なデータ分析と対応強化、④変化に応じた記者のスキル・柔軟性の伸長、⑤不変の価値としてのブランドの維持、等のポイントを挙げた。参加者は約100名。

お問い合わせ先:国際広報部 TEL:03-6741-0031 FAX:03-6741-0032
お問い合わせフォーム 
海外広報セミナー(バンコク)「日本企業の社会広報活動~タイジャーナリストとよりよい関係を築くために~」および懇談会
日時 2015年 1月20日(火) 15:00~20:00 場所 センターラ グランド&バンコク コンベンションセンター(バンコク)
対象 会員企業・団体

テーマ:「日本企業のタイにおける社会広報活動のあるべき姿」
講 師:アプソーン・ベジュラジャティ ウェーバー・シャンドウィック・バンコク ディレクター
テーマ:「日本企業の社会広報活動をどう評価するか」
講 師:パイラット・ポンパニック マティチョン紙 フォーリン・エディター兼ITエディター
テーマ:「日本企業の社会広報活動をどう評価するか」  
講 師:ノパクン・リムサマルンパン Now 26 エグゼクティブ ティレクター
テーマ:「日本企業の社会広報活動をどう評価するか」
講 師:ソポン・オンガラ ネーションウィークエンド誌 アドバイザー

ASEANジャーナリストとのよりよい関係構築を目的として、バンコクにて現地日系企業を対象とした海外広報セミナーおよび懇談会を行った。セミナーでは、ウェーバー・シャンドウィック・バンコク ティレクターのアプソーン・ベジュラジャティ氏、ネーションウィークエンド誌 アドバイザー・ライター ソポン・オンガラ氏、バンコク ビジネス ブロードキャスティング Now 26(TV) エグゼクティブ エディター ノパクン・リムサマルンパン氏、マティチョン紙 フォーリン・エディター兼ITエディター パイラット・ポンパニック氏による講演を行った後、パネル討論会および質疑応答を行った。参加者は現地日系企業の約40名。セミナー後、現地ローカルメディア、ASEANメディア、日系メディアから約20名が加わり、現地日系企業との懇談会を開催した。

お問い合わせ先:国際広報部 TEL:03-6741-0031 FAX:03-6741-0032
お問い合わせフォーム 
海外広報セミナー「クロスボーダーM&Aにおけるコミュニケーション戦略」
日時 2014年 4月11日(金) 10:30~12:00 場所 経団連会館
対象 広報担当者
(会員企業・団体限定)
 講 師:ヨッヘン・レゲヴィー  CNC Japan マネージング・ディレクター
             加藤 麻美 CNC Japan シニアコンサルタント

コミニュケーション・コンサルティング会社CNC Japanを招き、標記セミナーを催した。
「M&A時のコミュニケーションは、通常と比べ内外のステークホルダーが多岐に渡り複雑であり、取引時のみならず統合後も含めたステップ毎の周到な事前準備が必要」「特にクロスボーダーM&Aでは、国際メディア・現地メディアと日本メディアの特性の違いを見極め、メディア毎、記者毎のリーク対策を含めた個別対応の立案が必要」と説明した。参加者は約45名。

お問い合わせ先:国際広報部 TEL:03-6741-0031 FAX:03-6741-0032
お問い合わせフォーム 
pagetop