ニュースリリース

2014年度

参加教員数が過去最高-教育界と企業の懸け橋に-
~2014年度教員の民間企業研修が終了~
2014年 9月 5日
経済広報センター

 

 経済広報センター(会長 榊原 定征)は、教育界と経済界との対話促進活動の一環として、「教員の民間企業研修」を1983年から実施しています。今年度も7月22日から8月22日までの学校の夏休み期間中に行いました。

 本研修は、小・中・高等学校などの教員に、企業活動の考え方や実務内容、人材育成や環境問題への取り組み、果たすべき社会的責任などについて理解を深めていただき、企業研修での体験を子どもたちへ伝えていただくとともに、今後の学校運営などにも活かしていただくことを目的としています。

 年々、初任者や10年経験者といった研修対象となる教員数は増加、また、民間企業研修への関心が高まっていることから、今年度は、過去最高1,149人の教員が、105の企業・団体の研修に参加しました。

 

 【2014年度 教員の民間企業研修の概要】

     研修参加者:小・中・高等学校の教員・管理職(教頭)など

     研修時期: 7月22日~8月22日(学校の夏休み期間中)
     研修期間: 原則3日間(1~3日間)
     受け入れ企業数: 105社[対前年比  増減なし]
     参加教員数: 1,149人[対前年比 79人増加]
     受け入れ企業: 添付資料をご参照


お問い合わせ先
経済広報センター 国内広報部
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館19階
TEL 03-6741-0021 FAX 03-6741-0022
pagetop