ニュースリリース

2017年度

信頼できる企業とは、「製品・サービスが優れている。技術力がある」が75%
-「生活者の“企業観”に関するミニアンケート」の結果について-
2017年 7月27日
経済広報センター

 

 経済広報センター(会長:榊原定征)は、5~6月、全国の「eネット社会広聴会員」(2,954人)を対象に、「生活者の“企業観”に関するミニアンケート」を実施しました。本調査は、2月に発表した「第20回 生活者の“企業観”に関するアンケート」の結果を踏まえ、「信頼できる企業」や企業が発行する「統合報告書の認知度」などについて、さらに詳しく調査しました。

 また、企業情報、商品・ブランドやサービスに関する情報などを年々、ソーシャルメディアを使って発信する企業が増えているなか、「ソーシャルメディアを活用している企業」について生活者がどのような印象を持っているのか、企業が運営するソーシャルメディアの利用状況などについて調査し、その結果を集計しました。

 

【調査結果(要点)】

<「信頼できる企業」について>
◆信頼できる企業とは、「製品・サービスが優れている。技術力がある」「企業理念・経営理念がしっかりしている」「コンプライアンス・倫理観が高い」の3項目がそれぞれ7割超

<「統合報告書」について>
◆企業が発行する統合報告書を「読んだことがある」が24%、「読んだことはないが、存在は知っている」を合わせると認知度は6割近い

<「企業が運営するソーシャルメディア」について>
◆企業が運営するソーシャルメディアを、3人に1人が利用している
◆利用後、「企業の商品やサービスを利用するきっかけになった」が6割超
◆利用している人のうち、3人に2人が特定企業を「登録している」

 


お問い合わせ先
経済広報センター 国内広報部
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館19階
TEL 03-6741-0021 FAX 03-6741-0022
pagetop