私たち「一般財団法人経済広報センター」は、1978年に設立された、経団連の関連組織です。経済界を代表する団体・法人からの会費で運営されていて、「経済界と社会とのコミュニケーション」をキーワードに、社会の声に耳を傾けながら、社会に対して情報発信を行っています。
「社会広聴会員」とは、経済広報センターが運営している、生活者の会員組織です。
現在、日本全国に約4000名の会員がいらっしゃいます。

 

経済広報センターは、経済界と社会とのネットワークを築くために、様々な活動を行っています。その中のひとつに 社会広聴活動があります。

 社会広聴活動は、当センターにご登録いただいている社会広聴会員を通じて行っています。社会広聴会員の方には、「アンケート調査」や「企業と生活者懇談会」「生活者の企業施設見学会
などの活動にご協力・ご参加いただくことで、社会の声を代弁していただいています。

最近の経済界では、学生や若年層の方々に関係する課題が増えています。中には、雇用・就労形態の変化など、皆さまが直面する課題も少なくありません。学生の皆さまの声は、経済界にとって貴重なものだといえます。

また、それぞれの課題について、経済界のスタンスやアンケート調査の結果などを、機関誌「ネットワーク通信」などを通じて皆さまにお伝えし、経済界や企業についてご理解を深めていただくことも、社会とのコミュニケーションに積極的に取り組んでいる当センターの大切な使命だと考えています。また、当センターは教育界とのコミュニケーションにも力を入れています。

皆さまが社会広聴活動に参加して、様々な課題についてご意見・ご要望を提起し、フィードバックを受け取ることは、これから本格的に社会参画をされる皆さまにとって、非常に有意義なことと思われます。
さらに、社会に出られた後も社会広聴活動を続けていただくことで、社会人としての立場、生活者としての立場の両方を理解し、より広い視野で社会を見ることができるのではないでしょうか。

一人でも多くの方にご入会いただければと思います。

○18歳以上の国内在住者であれば、ご入会できます。
 ※当面の間、入会資格を18~55歳にさせていただきます。
○期間は1年間です(自動継続)。ただし、アンケートなどの社会広聴活動が1年間全くない場合、自動的に退会となります。
○会費などは一切必要ありません。
○アンケートなど社会広聴活動へのご協力に対しては心ばかりの謝礼をご用意しております。
○懇談会などご参加のための交通費などは、会員の皆さまの自己負担とさせていただきます。
○お預かりしました個人情報につきましては、当センターの「個人情報保護方針」および「個人情報の取扱いについて」に基づき、安全かつ適正に管理させていただきます。