社会保障制度改革

    経団連の政策提言
    ご意見 ※経済広報センター「社会広聴会員」を対象にアンケートを実施

    経団連の政策提言
    《 考え方のポイント 》

     経団連では、国民生活の向上や安心・安全な経済社会の実現のため、社会保障制度の根本からの再構築は待ったなしの課題と考えています。 そのためには、 消費税を含む税制抜本改革を一体的に行うことが不可欠で す。
    高齢化により、社会保障費用は膨らみ続けます。
     現在の日本は、3.3人の若者が1人の高齢者を支える社会ですが、2055年にはわずか1.3人で1人の高齢者を支えていく社会になると推計されています。一方で、医療・介護・年金等の社会保障に関する費用は現在の約100兆円から2025年には141兆円に膨らんでいきます。
     社会保障制度を将来にわたって持続させるには、私たちの負担をイギリスやドイツ並みに増やす必要があります。私たちの負担の度合いである 「国民負担率」を、現在の約40%から50%まで引き上げなければ、安心して生活を送れなくなります。
    必要なサービスを受けるためには、全世代で負担していく必要があります。
     現在の社会保障制度は、主に働く世代が払う社会保険料で支えられていますが、高齢者が増え、若者が減っていく中で若者の負担ばかりが増えると、手取りの所得が減り、働く活力がそがれ、日本経済全体に悪影響を及ぼします。
     社会保障制度を盤石なものとし 、日本経済の力強さを持続させるには、高齢者を含めた全世代が幅広く負担できる税によって財源を確保する必要があります。
    経団連は、消費税を社会保障制度の充実のために使うべきだと考えています。
     消費税を「社会保障のための税」と明確に位置付けて 必要な負担を広く国民に求め、本当に支援が 必要な人々に適切なサービスが行き渡るようにす べきです。実際に消費税を引き上げる際には、還付制度を設ける等、低中所得者層が大きな負担を負うことにならないような対応も必要です 。

     

    〔提言本文も是非ご覧ください。〕
    提 言: 豊かで活力ある国民生活を目指して~経団連 成長戦略 2010~ (2010年4月13日)
          安心で信頼できる社会保障制度の確立に向けて (2009年10月20日)      
          平成23年度 税制改正に関する提言 (2010年9月14日)

 

税・社会保障一体改革の必要性

社会保障1

社会保障2

【経団連の政策提言《社会保障制度改革》についての主なご意見】
 ※経済広報センター「社会広聴会員」を対象にアンケートを実施(2011年1月~3月)
  • (1)全体
  •  
    部分的に議論することは無意味であり、弊害すらある。一体改革、抜本改革を断行することが不可欠である。 graph01
  • 世代間の不公平感解消に力点を置いた改革をすべきである。 graph02
  • 労働人口の減少に対応するため、外国人労働者の受け入れ等、移民政策についても議論しておくべきではないか。 graph03

  • (2)社会保障
  • 社会保障制度の改革だけではなく、企業における定年延長とのセットで考える必要がある。 graph04
  • すべての国民に共通・平等の年金給付でよいのではないか。 graph05
  • 過剰診療など、現行の社会保障制度における無駄の見直しが先決である。 graph06

  • (3)歳出改革
  • 国民の目から見てわかりにくい国の事業、政策を見直し、ムダの排除を先に行うべきである。 graph07
  • 議員・公務員の人員・経費の削減など行政コストの削減から始めるべきである。 graph08

  • (4)消費税をはじめとする税制改革
  • 消費税引き上げの前に、所得の捕捉を改善しつつ、直接税のあり方をしっかり議論すべきである。 graph09
  • 公的年金制度はじめ事実上破綻している社会保障制度を抜本から立て直す上で、消費税を引き上げ目的税化すべきである。ただし、そのために、政府は十分な説明が必要である。 graph10
  • 消費税増税に伴う負担増に際しては、低所得層への配慮として逆進性対策が必要である。 graph11
  • 消費税の引き上げで貯蓄から消費へ家計行動が転換し、景気底上げにつながる。 graph12
  • 経済界は法人税減税を主張しながら、消費税引き上げを求めるのは身勝手である。 graph13
お問い合わせ先
経済広報センター 国内広報部
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館19階 
TEL:03-6741-0021 FAX:03-6741-0022
pagetop