出版・刊行物

経済広報 (最新号 ※2020年10月号)

月刊(毎月1日発行)
B5判 24ページ
発 行:国内広報部
価 格:1部¥550(税込・送料別)

カートに入れる
 

月刊『経済広報』は、経済広報センターが発行する広報専門誌である。
企業・団体のトップや広報関係者の広報活動に役立つことを目指している。
マスコミ、広報専門家による企業広報の基礎、マスコミ対応、インターナルコミュニケーション、危機管理などの先進事例やアドバイスなどを掲載している。
1部550円(税込・送料別)、年間購読料:6,600円(税込・送料無料)

 

無題ドキュメント

2020年10月号 No.494


CONTENTS

視点・観点
  シリコンバレーに影を落とす米中対立
 

奥平和行 日本経済新聞 シリコンバレー支局長


企業広報研究 河野あや子さんに聞く
  グーグル社内のコミュニケーションとテレワーク
 

河野あや子 グーグル合同会社 執行役員広報部長


企業広報研究 サステナブル経営と広報⑥
  「人と自然と響きあう」を使命とするサステナビリティ経営
 

サントリーホールディングス(株)


経営とインターナル・コミュニケーション③
  分断の時代に新たなチャネル 音声でつなぐ経営理念や想い
 

清水正道 CCI研究所 代表


社会広聴アンケート
  コロナ禍の企業活動を生活者はどう見ているのか

経済広報センター活動報告
  企業の人材育成策などを具体的に調査~『主要企業の広報組織と人材』を発行~

大“協創”時代 ―DXを通じたSociety 5.0実現へ―②
  共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」―日本の手続きを、ひと続きに―

脱炭素社会への挑戦、始まる ―経団連「チャレンジ・ゼロ」プロジェクト―②
  「Well to Wheel ゼロエミッションモビリティ」の実現を目指して 帝人(株)

経済広報センター活動報告
  ホワイトハウス担当記者が語る「トランプ再選」の可能性
―『ワシントン・ポスト』紙記者とのオンライン会合を開催―

  米中ハイテク覇権争いの行方と企業活動への影響
―米カーネギー国際平和財団 サイバー政策専門家とのオンライン会合を開催―

  コロナ下でも高まる日印関係強化への期待
―在インド日本国大使館の次席公使を講師にオンライン会合を開催―

  コロナで変わる英国と世界
―英『エコノミスト』誌コラムニストとのオンライン会合を開催―

企業・団体のCSR活動
   キッコーマン(株)/マンズワイン(株)  

連載 経済広報センターNEWS  

  企業広報ニュース(BOOK)
pagetop