ニュースリリース

2019年度

「シニア」は60歳以上、「老人」「高齢者」は70歳以上をイメージ
-「高齢期の暮らしに関する意識・実態調査」の結果について-
2019年10月25日
経済広報センター

 

   

 経済広報センター(会長:中西宏明)は、2019年7~8月、全国の「eネット社会広聴会員」(2,841人)に「高齢期の暮らしに関する意識・実態調査」を実施しました。団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年、75歳以上の高齢者の割合は全人口の18.1%、65歳以上の高齢者の割合は30.3%と予想されています。「高齢者」の定義は、一般的に「65歳以上」とされてきましたが、現代では心身共に元気な人が多く、この定義を見直す動きもあります。「人生100年時代」に高齢者から若者まで、全ての人が元気に活躍し続けられる社会や安心して暮らすためにどうすればよいか、一人ひとりが、考えておくべき大切なテーマです。

 そこで、高齢期の暮らし方や高齢期に向けての備え、健康維持増進や疾病予防への取り組みについて調査し、その結果を取りまとめました。

 

【調査結果(要点)】

◆ 「シニア」は60歳以上、「老人」「高齢者」は70歳以上をイメージ

◆ 高齢期に「働きたい」が6割。前回調査より「フルタイムで働きたい」が増加し、働き続けたい年齢も高くなっている

◆ 高齢期に「心穏やかに過ごせる」ことを期待している一方で、「健康で自立した生活を送ることができなくなる」ことを不安に感じている

◆ 高齢期の生活と暮らしについて「肯定的・楽観的」に考えている人は、5割を超えるが、前回調査より4ポイント減少

◆ 健康維持増進や疾病予防のための取り組みは「定期的な健康診断」が66%で最も多

 

  なお、調査対象は、全国3,455人の「社会広聴会員」の中で、インターネットで回答可能なeネット社会広聴会員(2,841人)が対象。有効回答数は1,536人(有効回答率:54.1%)、調査期間は、2019年7月25日~8月5日。

 


お問合せ先
経済広報センター 国内広報部
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館19階
TEL 03-6741-0021 FAX 03-6741-0022
pagetop