出版・刊行物

CC時代のコーポレートブランド戦略

2013年12月刊
A5判 151ページ
発 行:国内広報部
価 格:¥1,000(税・送料込)
カートに入れる
 
昨今、「ブランド」に対する企業の関心は高まり、「ブランド戦略室」や「ブランド推進部」などの専門組織を設けるケースも目立ちつつある。本書は特にコーポレートブランドに注目し、有識者へのインタビューや企業の事例研究、アンケート調査の結果をまとめ、冊子として発行したものである。
第一章ではコーポレートブランドへの取り組みの変化や企業事例、アンケート結果の分析を始めとし、コーポレートブランドについての概況をまとめている。
第二章では丸の内ブランドフォーラムの片平代表を始めとする、ブランド研究の専門家6名に実施したインタビュー内容を掲載している。
第三章では住友生命、ヤマトホールディングス、コニカミノルタ、帝人、大和ハウス工業、日立製作所のブランド戦略についてヒアリングした結果を掲載している。
第四章では、当センターの主な会員企業に実施した「コーポレートブランドに関する企業アンケート」の調査結果をまとめている。ブランド戦略に取り組む目的や、抱えている課題、インナーブランディングの実施内容や効果測定方法など、多岐にわたる調査結果を掲載している。

[目次]

 はじめに

 第一章 コーポレートブランドについての概況
概要
1.本書の概要
2.コーポレートブランドへの取り組みの変化
3.社会志向とBtoSブランド戦略
4.事例研究~組織体制~
5.事例研究~ソーシャルメディアの活用~
6.事例研究~インナーブランディング~
7.事例研究~グループ間の連携~
8.アンケート調査について

 第二章 事例研究
ブランドづくりと日本の経営者
丸の内ブランドフォーラム 代表  片平秀貴

ソーシャル時代のブランドコミュニティ戦略
(株)電通 ビジネス・クリエーション局 ブランド・クリエーション・センタチーフ・コンサルタント  小西圭介

ブランド力を高める経営とは
中央大学ビジネススクール (大学院戦略経営研究科) 教授  田中 洋

日本企業は経営戦略としてのブランディングを
(株)インターブランドジャパン エグゼクティブストラテジーディレクター  田中英富

「社会志向」時代のブランド・コミュニケーション
(一社)国際CCO交流研究所 理事(元 (株)日経リサーチ 取締役副社長)  花上雅男  

ブランドは自然と溢れ出るもの
リーダーシップコンサルティング 代表(元 スターバックスコーヒージャパン CEO)  岩田松雄

 第三章 各社の事例研究
顧客との接点重視で企業ブランドの確立を目指す
住友生命保険(相)

「宅急便」を超えるブランド構築に向けて
ヤマトホールディングス(株

BtoSブランディング活動に注力
コニカミノルタ(株

ブランド価値向上に向けてコーポレートコミュニケーションを展開
帝人(株)

グループ一丸のブランド戦略で社会から選ばれる企業へ
大和ハウス工業(株)

“One Hitachi”でグローバルメジャープレーヤーに
(株)日立製作所

 第四章 「コーポレートブランドに関する企業アンケート」調査結果

 終わりに代えて

 付録 文献一覧
pagetop