ごあいさつ

会長 中西宏明  会長 中西 宏明

 経済広報センターは、1970年代の石油危機の際に企業への批判が高まったことを契機に、1978年に設立されました。以後40年にわたって、経団連の考えや取り組み、日本の企業や業界が社会に役立っている姿を、国内外のマスコミ、オピニオンリーダー、教育界や一般社会など、様々なステークホルダーに発信し、日本の経済界に対する信頼の獲得に努めてまいりました。
 2020年、世界経済は新型コロナウィルス感染症の拡大により未曽有の大打撃を受けております。コロナとの共生を前提に、健康と安心・安全を最優先に位置付けつつ、事業継続、雇用確保に取り組む必要があります。「新たな日常」の実現に向けて、DX(デジタルトランスフォーメーション)を加速し、医療、教育、行政、金融、産業等の各分野でデジタル化を進め、強靭な経済社会を構築してまいります。今こそSociety 5.0を実現し、SDGs(持続的開発目標)の達成につなげていかなければなりません。また、地球規模の課題を解決していくうえで国際協調・連携の強化も不可欠であり、国際社会における日本の発信力強化に向けて精力的に取り組んでまいります。
 経済広報センターは、こうした状況を踏まえて、DXを通じたSociety 5.0の実現や、脱炭素社会を目指す「チャレンジ・ゼロ」プロジェクト、働き手のエンゲージメント向上に資する働き方改革など、経団連が内外に発信している活動を強力に広報していくことで、改革の必要性に関する理解を浸透させてまいります。また、人と人とが対面で行うコミュニケーションに加えて、デジタル技術を活用し、発信力や対話力を大きく高めていきたいと考えております。
経済広報センターの活動に対して、各位のご指導・ご協力を心よりお願い申し上げます。

pagetop