経済広報センタートップページ > 講演会・シンポジウム

シンポジウム




年度で表示

会合実績
会合予定へ

2024年5月

企業と生活者懇談会
日時 2024年5月29日(水) 13:00~16:00
場所 カルビー(北海道工場/北海道) 対象 社会広聴会員

テーマ:「カルビーの工場見学を通じて、おいしさの秘密を学ぼう!」
開催企業:カルビー

カルビー「北海道工場」での「企業と生活者懇談会」に社会広聴会員7名が参加した。参加者は初めに、同社の工場をスタッフの案内のもと一周し、じゃがポックルやポテトチップスの生産方法を学んだ。ポテトチップスの製造ラインではまず、じゃがいもを保管する貯蔵庫を訪れ、じゃがいもを洗浄して皮をむく機械の様子を見学した。次に、芽や傷のあるじゃがいもを人の手で除去する工程や、機械で薄切りにする工程、植物油で揚げる工程を見学した。最後に、味付けをしたポテトチップスが包装され、梱包される様子を実見した。館内には北海道工場が取り組む森林保全活動やフードロス削減活動に関する展示、同社の商品の歴史を振り返る展示などがあり、参加者は見学を通じて、カルビーの自然素材を活かす加工技術の高さや、環境への取り組みについて理解を深めていた。工場見学後、参加者からの質問に広報担当者が回答し、製品の開発秘話などのトピックについて懇談した。

お問い合わせ先:国内広報部 TEL:03-6741-0021
企業広報講演会(東京会場)
日時 2024年5月15日(水) 15:00~16:30
場所 経団連会館 対象 広報担当者(会員企業・団体限定)

テーマ:「事業に貢献する広報の時代へ―広報パーソンに求められる新たな視点とは」
講 師:スピーカー:早川 くらら ビルコム 取締役

早川氏は、広報は経営機能であることから、自社をデータ活用し分析することで経営課題に紐づいた広報になると述べた。講演では、実際に貢献したPR事例を挙げアプローチに注力し大きな成果に繋がった事例を解説した。検索数増加には、何回接触で認知や興味喚起につながるのかを試算し、市場創造記号を創造する必要があるとした。差別化が広報に求められる昨今、潜在ニーズと競合を踏まえ、定義し体現するファクト開発をしなければならないと結んだ。参加者は70名。

お問い合わせ先:国内広報部 TEL:03-6741-0021
【オンライン】第1回・第2回企業広報講座(オンデマンド配信)
日時 2024年5月14日(火)
~2024年6月4日(火)
場所 オンライン(オンデマンド配信) 対象 広報担当者(会員企業・団体限定)

第1回テーマ:「広報の仕事が楽しくなる 最初の10歩」 
講 師:栗田 朋一 PRacademy 代表取締役

第2回テーマ:「危機管理広報の基本」
講 師:佐々木 政幸 アズソリューションズ 取締役社長

第1回講師の栗田氏は、冒頭、「広報の仕事はコロナ禍を経て新しい時代に突入している」とし、「誰にでも活躍できるチャンスがある」と受講者にメッセージを送った。広報担当者としての心構え、プレスリリースの作り方やメディアリレーションなどの基礎知識について網羅的に解説した後、広報の最終ゴールは「社員を幸せにすることだ」と締めくくった。
第2回講師の佐々木氏は、不祥事などの危機が発生した際には、「誰のために説明し、対応するのか」を常に念頭において対応することが重要だと説明。具体的な企業の事例を交えながら、危機発生時の望ましい社内体制や初動対応、平時からの備え、謝罪会見における具体的なポイントなどについて解説した。
第1回、第2回はオンデマンドで同時配信し、視聴申込者は385名。

お問い合わせ先:国内広報部 TEL:03-6741-0021
pagetop