経済広報センタートップページ > 講演会・シンポジウム

シンポジウム




年度で表示

会合実績
会合予定へ

2018年4月

生活者の企業施設見学会
日時 2018年 4月18日(水) 13:20~15:40 場所 地下鉄博物館(東京メトロ/東京) 対象 社会広聴会員

テーマ:「地下鉄の歴史・技術を『みて!ふれて!動かして!』学ぼう」

地下鉄博物館で開催し、社会広聴会員22名が参加した。まず、地下鉄博物館の概要説明を受けた後、ガイドの解説を聞きながら博物館内を見学した。地下鉄の歴史をたどりながら、模型電車が動く「メトロパノラマ」や、トンネルのつくり方や建築技術を学ぶコーナー、安全に運行するための総合指令所の役割を学ぶコーナーなどの見学を通じて、地下鉄がどのようにできているのか、地下鉄車両が安全に走るための仕組みへの理解を深めた。また、線路下の高さを体感できる特別展では、ホームでの転落や電車との接触を防止するためホームドアの安全性を再確認した。さらに、今回は特別に普段は中に入ることができない日本初の地下鉄車両1001号車(2017年に「国の重要文化財」に指定)の車内見学も行い、参加者は当時の車両の素材や構造について様々な発見を楽しんだ。最後に、千代田線電車運転シミュレーターでは、本物と同じ電車の運転台での運転と運転中の揺れを体験した。

お問い合わせ先:国内広報部 TEL:03-6741-0021 FAX:03-6741-0022
お問い合わせフォーム 
企業と生活者懇談会
日時 2018年 4月 6日(金) 12:45~17:00 場所 京阪ホールディングス(京阪電気鉄道寝屋川車両基地/大阪) 対象 社会広聴会員

テーマ:「“安全安心”から生まれる京阪エリアの魅力を再発見」

京阪ホールディングスの京阪電気鉄道寝屋川車両基地(大阪府寝屋川市)で開催し、社会広聴会員19名が参加した。はじめに京阪ホールディングスから、同グループが展開している4つのコア事業①地域と人をつなぐ「運輸業」、②生活環境をトータルに考えた街づくりを推進する「不動産業」、③楽しく豊かなライフスタイルを提案する「流通業」、④お客さまに最高のひとときを提供する「レジャー・サービス業」について、続いて、京阪電気鉄道から、「車両工場」「検車庫」「留置線」からなる寝屋川車両基地について説明を受けた。その後、寝屋川車両基地で、普段は見ることのできない車両を分解して点検する様子や、車両の安全を守るための様々な装置を見学するとともに、有料特別車両「プレミアムカー」にも搭乗し、同グループの原点「安全安心」や「快適な走行」を体感した。懇談では、運輸業のさらなる安全性向上のための取り組みや、地域に密着した様々な取り組みなどについて理解を深めた。

お問い合わせ先:国内広報部 TEL:03-6741-0021 FAX:03-6741-0022
お問い合わせフォーム 
pagetop