出版・刊行物

サステナブル経営と広報

2021 年3月刊
A5判 56ページ
発 行:国内広報部
価 格:¥550(税込・送料別)

※本刊行物は「会員企業・団体限定販売」となります。

カートに入れる
 

《 会員企業・団体限定販売 》

世界全体で気候変動や貧困・格差、人口増加など様々な社会課題が山積する中、2015年9月に国連がSDGs(持続可能な開発目標)を採択するなど、世界中で持続可能な社会の実現に向けた動きが加速している。
SDGsは、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でより良い社会の実現に向けて、全ての国が取り組むべき目標であるとし、これらの目標達成には企業や地方自治体をはじめ、一人ひとりの行動が求められている。
このような世界の潮流を受け、日本企業においてもサステナビリティの視点を取り入れた経営(=サステナブル経営)への関心が高まっている。
本書では、社会課題やSDGs、ESG(環境・社会・ガバナンス)に取り組む経営と、それを消費者や投資家など様々なステークホルダーとどのようにコミュニケーションを図るかという広報活動をテーマとしている。
第1部ではサステナブル経営の重要性や企業価値を高めていく広報の役割についての有識者対談について、第2部ではオムロン、日本電気、住友化学、クボタ、コニカミノルタ、パナソニック、サントリーホールディングスなど企業7社への取材によるサステナブル経営に取り組む事例をまとめ、掲載している。

●はじめに


●有識者対談

広報が果たすべき役割、広報にできること

白土謙二    思考家、元・(株)電通 執行役員(戦略担当)
関 正雄    損害保険ジャパン(株) CSR室シニアアドバイザー
      明治大学 経営学部特任教授
      経団連企業行動憲章タスクフォース座長

 

 


●企業のサステナブル経営と広報

よりよい社会をつくる企業理念の実践
オムロン(株)


SDGs達成に貢献する
「社会を良くするコーポレートコミュニケーション」
日本電気(株)


住友の精神と事業を通じたサステナブルな社会の実現
住友化学(株)


クボタだからこそできるサステナビリティ
(株)クボタ


社会課題の解決に寄与する
「新しい価値の創造」、そして社会革新へ
コニカミノルタ(株)


経営理念の実践による
SDGsへの貢献とブランド戦略
パナソニック(株)


「人と自然と響きあう」を使命とする
サステナビリティ経営
サントリーホールディングス(株)


●まとめ

 

 

pagetop